読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多世代交流ひろば・パルひろば辰巳

有楽町線辰巳駅から徒歩3分。生活協同組合パルシステム東京辰巳ビルの2階にある多世代交流ひろばです。地域の皆さまに利用していただけるスペースで、サークル活動やイベント、食事会など様々な活動を行っています。今日はどんな方が遊びにくるのでしょうか~?

市民手づくりの『協働空間』を考えるつどい

市民手づくりの『協働空間』を考えるつどい
〜今、求められている地域の「居場所」ってなんだろう?

が2月24日に、東京ボランティア・市民活動センター主催で
行われたので、行ってきました。
活動報告団体は、みんなの実家@まちや(荒川区)と
NPO法人よっつの意(東久留米市)です。

みんなの実家@まちやは、開始してから1年。住宅街にある民家を借り上げた「みんなの実家@まちや」では、乳幼児の一時預かりの他、助産師による子育て相談、おもちゃ図書館など複数のプログラムが日替わりで行っています。「みんなの実家@まちや」が出来る前から、駅たま、35サポネットというのを行っていましたが、活動の中で、『子育て支援の拠点』の必要性を感じ、開始することになったそうです。


NPO法人よっつの意は、4人の精神保健福祉士の意志によってスタートした団体です。「熱意」「誠意」「創意」の三つの意と絶対に「あきらめない」との心意気を大切にしたいとの思いで、団体名を名づけたそうです。「甘味茶房greenLeaf」を立ち上げ、そこを拠点としながら、精神障がい者だけでなく、障害や生きづらさを抱える人たちと共に、地域で暮らす誰もが安心して夢を持てる街づくりのを実現を目指しています。現在週に1回のみオープンだそうです。



どちらの団体も毎月発生する家賃をどうするか、というのが課題です。しかし、地域に必要と思ったからこそ、場所を借りることに踏み切り、活動を始めています。そういった課題もメンバーで相談し、紆余曲折しながらクリアしていくことでしょう。
(小星)