読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多世代交流ひろば・パルひろば辰巳

有楽町線辰巳駅から徒歩3分。生活協同組合パルシステム東京辰巳ビルの2階にある多世代交流ひろばです。地域の皆さまに利用していただけるスペースで、サークル活動やイベント、食事会など様々な活動を行っています。今日はどんな方が遊びにくるのでしょうか~?

「やさしいヨガ」で骨盤の意識の仕方を習いました☆

イベント(2011年度)

1月17日、菊地びよさんを講師にお迎えして
〜家で続けられる〜「やさしいヨガ」 第1弾を開催しました

今回のテーマは
体の要、腰を良い状態で保つには骨盤とインナーマッスルの使い方
が大事です。
体が硬いんですけど・・・と言う参加者さんもいましたが、大丈夫
無理のないように、気持ちよく体をほぐしていきます 。

まずは肩の力を抜いてジャンプ
そして顔や頭をマッサージしていきます。
顔や頭や、首にも、そして耳にもつぼが沢山。 
もちろん足のつぼも刺激してあげます 
 P1170001.jpg
講師の菊地びよさんです

P1170010.jpg 
お腹をほぐすことも大事 。
息を吐きながらお腹に指を沈めていきます。
気持ち良いと思う場所を探して、じっくりほぐして・・・。

「みなさん、朝起きる時はどうしていますか?」と、びよ先生
腰を痛めない起き方を教えてくださいます

起き上がるときは仰向けからではなく、まず、うつ伏せになります 。
そして下の写真のような姿勢で、上体を左右に揺らして腰や背中や首を
柔らかくします。
P1170015.jpg 
揺らし方は自分が気持ち良いと思う大きさで大丈夫です。
こうして起き上がると腰を痛めにくいそうですよ

P1170017.jpg 
立っている時の骨盤の位置を、びよ先生が一人ひとり確認します。

骨盤は一つではなくて、左右に分かれているそうです。
左右の骨盤をそれぞれ動かせるようになると良い、との事。
 ・・・なのですが、イメージするのがなかなか難しいですね〜
P1170020.jpg 
台所仕事をしている間は、大事な“ながらヨガ”時間
テーブルを台所に見立てて実践です。
慣れてない人はテーブルについた手で少し体重を支えてあげると、
骨盤の位置を正しい位置にもって行きやすいそう。

P1170026.jpg 
電車に乗っている時だって、シートに腰掛けながら、
つり革につかまりながら、“ながらヨガ”

P1170030.jpg 
普段、体を動かしたりほぐしたりする時間って、
なかなか作れなかったりしますよね 。
ほぐそうと思ってたこと自体、忘れてしまったり ・・・。
気負わなくても出来る、日常生活の中の習慣としての体のケア
身につけられると良いですね
 
いらしてくださった参加者さん、体の使い方を教えてくださった菊地びよさん、
ありがとうございました


***お知らせ*** 「やさしいヨガ」第2弾のテーマは肩」! palplus.blog5.fc2.com/blog-entry-438.html
2月9日(木)10:30〜12:00開催です。
肩や首を意識して、素敵な姿勢を目指しましょう
もちろん、肩凝り解消、運動不足解消にバッチリです

お申込みお待ちしています